<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 神代桜と佳祐 | main | 追悼・忌野清志郎 >>

すごいひさしぶりなあしたば

原坊の連載記事、ふだんぎなかんじの様子が新鮮で楽しく読んだ。
佳祐は自分の葬式は湿っぽくないのがいいって思ってるんだろうな…て思ったけど…・・・・・・・・・・ナンパ橋かい。なつかしや〜我ら四、五十代の青春代名詞だね。
おいは橋に立ったことないけどあの可愛かった弟は皆と変わりなく成長して橋と言わず砂浜と言わず一夏かけめぐって、ポケットから出すのを忘れた服をそのまま出してコンドームが洗濯機の中でぷかぷか花ざかり。母親は笑っていました。
ケンカありナンパあり、にぎやかな在りし日の神津だった。
kouzushima * - * 19:41 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

 ヾ(^▽^*おわはははっ!! ネタ脚色うまいね。
 あれは一つずつコブクロに入れてある物だし、使用済みのなら(さすが地元エコ精神でお持ち帰りかw)結んであるだろうし、ぷかぷか花盛り状態にはならないと思う。
 そういえば島では汚水処理とかはどうしているのだろう。
一番やっかいなのは洗剤だけど、木暮里では5、6年前からオードリー、じゃないw「ランドリー・リング」を使ってます。これはいいよ。見た目汚れ落ち(実験)は科学洗剤と同等だけど、繊維の極狭まで細かくなった水流が通るから、綿製品とくにタオルなんかフワフワになる。なにより、臭いがなくなる。
Comment by はるおまつみ @ 2009/04/25 2:20 PM
いやあ〜さすがすぐバレたか…イメージでぷかぷか花ざかりって書いたけどあとのまつり。それが使用済みのものか未使用のものか知らないけど弟はモテたからなあ。
おいが島にいる頃は海に垂れ流してたよ。糞尿はどうしてたかよくわからないけど。今はどうしてるのだろう。
Comment by じょん @ 2009/04/25 7:44 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ