<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< INTRODUCTION | main | すごいひさしぶりなあしたば >>

神代桜と佳祐


神代桜と音楽寅さん♪2009年4月20日
筆者 原由子
20日に始まる番組の収録で、神代桜を背に歌う桑田佳祐
 「山梨に神代桜(じんだいざくら)を見に行かない? 名物のほうとうも食べられるよ!」と夫に誘われ、山梨県北杜市に行って参りました。神代桜は日本三大桜の一つ。武川町山高の実相寺にあるエドヒガンザクラの巨木です。ヤマトタケルが植えたとの伝説もあり、樹齢はなんと約2000年! 日本最古の桜です。見事に咲き誇る神代桜をテレビで見た事がありましたが、まさか生の神代桜を拝見出来るなんて!

 実は、今回の山梨訪問は、久しぶりに帰って来た音楽寅さんが神代桜の下で歌うというシーンの撮影が目的でした。私はすっかり観光気分でしたが、夫の方は真面目(まじめ)にお仕事だったのですネ。夫が扮する音楽寅さんは、「桑田佳祐の音楽寅さん〜MUSIC TIGER〜」というテレビ番組のキャラクター。どうも昔レコードを出した事があるらしいという、シャイでスケベだけどなんだか憎めない音楽好きのおじさんです。時々現れては歌ったり遊んだりしてまた去って行く謎のフーテン親父(おやじ)。その音楽寅さんが神代桜と共演するのです。

 撮影は夜になるというので、その前にもう一つのお楽しみ、山梨名物ほうとうを食べに行きました! 伺ったのは甲斐駒ケ岳の麓(ふもと)、藪(やぶ)の湯温泉の旅館。入り口には何故(なぜ)か虎の剥製(はくせい)が!? これは音楽寅さんを歓迎してくれているのかな? なぁんてひそかにうけつつ、初めてのほうとう、頂きました! 太めのうどんといった感じの麺(めん)を沢山(たくさん)の野菜と一緒に味噌(みそ)仕立ての汁で煮込んだお料理で、名前のイメージ通り温かくて優しくてじんわりお腹(なか)と心に沁(し)み込みました。美味(おい)しかったです! 夫も感動しておりました。

 お腹もいっぱいになり大満足したところで、いよいよ実相寺へ。撮影のためにライトアップされた神代桜はまさに満開! 夜桜ならではの神々しさに包まれていました。樹高は10.3メートル。樹勢回復のために剪定(せんてい)するなど、最盛期よりは少し小ぶりになったそうですが、それでも根周り13.5メートルというその幹の太さと、東西で17.3メートルの枝張りには圧倒されました。2000年もの長い間、この地に根を張り生き続けている神代桜。薄紅色の小さな花をいっぱいに咲かせて、太い幹はなんだか優しいお顔のようにも見えました。そんな神代桜に見守られながら歌った音楽寅さん♪ さっきまでほうとうを食べていたおじさんとは別人のように輝いて見えちゃったんですけど(笑)神代桜のオーラのおかげでしょうか? 何を歌ったかは、どうぞお楽しみに♪

↑フジTVの要請で削除されました。代替↓
kouzushima * - * 01:19 * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

はじめまして☆
素敵なサイトですね^^応援してますよ♪
Comment by 風俗 @ 2010/05/08 5:32 PM
はじめまして☆
素敵なサイトですね^^応援してますよ♪
Comment by ツイッター @ 2010/05/08 5:33 PM
素晴らしいサイト!
いろいろ楽しみにしています。
Comment by 童貞狩り @ 2010/05/27 4:53 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ