<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 生・桑田佳祐のカキコ | main | え〜!! >>

島のこと

 息子直立(~_~;)じゃなかった、都立合格おめでとう!
 頭がいいというか、学業の成績が優秀なのは神津島村の血筋もあると思う。何しろ、石田三成一族の末裔なのだから。
 1962年頃の話だけど、当時の村長さんは石田三成の家系だそうです。ただし、関が原で敗れて落ち延びて来たのだから、石田姓を名乗るはずもなく、松本姓が直系だそうです。

 おたあジュリアが神津島へ流されたとき、島には漁師の家が七、八軒あっただけで、その後、石田三成の一族が大挙(といっても、世帯数にして十数程度だろうけど)して移住して来たので、おたあにしては随分と心強かったはず。170年後には、世帯数172、人口900人あまりになっている。
 養父である小西行長の家系は、おたあの義兄(当時14,5才で、将来結婚させるつもりだったらしい)が家来たちによって毛利へ逃されたのだけれど、首を撥ねられ家康への貢物にされていて、血筋は絶えている。生物学上でなく文化的遺伝子をミームというけど、そのミームが天草四郎を立てて日本史上最大の宗教戦争を起こしている。
kouzushima * - * 14:30 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ